入江富美子最新刊
『思いを「超えて」うまくいく おかげさまの法則』予約販売開始!

α波の第一人者・脳科学者の志賀一雅博士との共著『思いを「超えて」うまくいく おかげさまの法則』が、3月28日の発売開始にさきがけ、いよいよ予約販売がはじまりました!
入江富美子渾身の新著、待望の『おかげさまの法則』。「むこうもち」の謎が解き明かされる?!ぜひぜひ、いち早くご予約ください!

『おかげさまの法則』ご予約はこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

思いを「超えて」うまくいく【おかげさまの法則】

おかげさまで、尊敬している志賀 一雅博士との共著が、不思議なご縁で完成しました。

先生のお話はわかりやすく、実践的で効果が感じられますへそ道の立場から
お聞きしたい事をたくさん聞かせて頂けました。
その質問を興味深くお応えいただいて和やかな対談になっています。
私も勉強になっている永久保存版の本です。

~~~~~~~~~~~~~~~~入江富美子~~~

《内容》

■ ありのままの自分で生きる生き方
「へそ道」とは、
脳力全開時の脳波10Hzと
超意識共鳴の脳波7.8Hzの
両方を使って生きること

■ 自力を超えた 「向こう持ちの力」の中で生きるとき
地球周波数7.8Hzのゆらぎと脳波が共鳴する

■ 突然聞こえる音楽や声、ビジョンといった 未知の情報源は7.8Hz地球チャンネル

■入江監督は脳波にも声にも7.8Hzが出ていた!

■ 自分で自分を変えるのではなく「へそを湧かす」「お詫びとお礼」=おかげさま=7.8Hz と繋がることで自然に天が変えてくれる

■ 喜びの回路を育てる方法

■ ドーパミンとノルアドレナリン 「喜び」と「不安・怒り」は紙一重

■ 人気の治療家が施術中や超常現象が起こっているときに頻出する脳波7.8Hzは誰もが眠りに落ちるときに出ている脳波。
子育ても、手当ても、子守歌も、アファメーションも、 どんな脳波状態で行うかがカギになる。

***********************************
生きづらかった人も、不安感を持った人も、なかなか本当の自分を表現できなかった人も。
この本に満載の、本当の自分でありのままに生きるヒントを、ぜひ、あなたの「脳」と「おへそ」に響かせてみてください。
***********************************

著者について

志賀一雅(しが かずまさ) 工学博士

現・脳力開発研究所相談役。最初に脳波の「α波」を3種類に分け、ファストα波、ミッドα波、スローα波と質的な違いを提唱した。
1961年電気通信大学卒業後、松下技研に勤務。東京大学工学部計数工学科研究員を兼務して脳波研究に没頭。1983年㈱脳力開発研究所設立。PC を用いた脳波分析装置を開発し、大学や企業の研究所へ提供。アルファ波を指標としたメンタルトレーニング指導で、日本航空、日本IBM、NTT など大手企業の脳力開発研修において高い評価を得る。
2008・2009年文部科学省より委託を受け「専門学校教職員、学生のためのメンタルヘルス・脳力開発プログラム」を開発、学校や企業に向けての「メンタルウェルネストレーニング推進プロジェクト」を総合監修。著書に『奇跡の《地球共鳴波動7.8Hz》のすべて』(ヒカルランド)、『「全身の疲れ」がスッキリ取れる本』(三笠書房)』他多数。
2011年米国HHS(米国保健福祉省)大統領諮問機関より、長年にわたる脳波とメンタルトレーニングの研究、実践に対しGOLDAWARD(金賞)を授与される。2015年にはステージ3の大腸ガンを克服し、現在もさまざま研究と講演活動を実施している。

 

入江富美子(いりえ ふみこ) へそ道主宰 映画監督

大阪出身。ファッションデザイナーを経て、アロマテラピストのプロ養成専門学校講師として活動。その後、自身の体験から「あなたのままで大丈夫」というメッセージを多くの人に伝えたいと思い、未経験ながら映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」(2007年)を制作。
映画監督デビュー作であるこの作品は海外19カ国2000カ所以上で上映され、観客動員数は20万人を超える。他に「光彩~ひかり~の奇跡」(2008年)、「天から見れば」(2011年)も発表。全3作品とも日本だけでなく海外でも高評価を得ており、「天から見れば」は2012年にニューヨーク国連にて上映される。また村上和雄ドキュメント「SWITCH」(鈴木七沖監督)では、「ミッションを生きる」女性として出演し、話題となる。
2016年には、国連NGO 平和団体〝Peace Maker Group〟の国連における平和フィルムフェステイバル映像審査員のアジア代表に就任。著書に『1/4の奇跡~もう一つの、本当のこと~』(三五館)、絵本作家のぶみとのコラボ絵本『おへそのさき』『わけたらふえる?』(七田教育出版)。『へそ道~宇宙を見つめる 使命を見つける~(サンマーク出版)。プロデュース作品に「すべては今のためにあったこと」著:中山靖雄(海竜社)。
現在は、自ら考案した、自分を最大限に活かして人生を豊かにするための「へそ道(へそどう)」ワークショップを主宰。国内のみならず海外でも講演、ワークショップなどの活動をしている。人生全般に変化を起こす、わかりやすく、シンプルな手法が好評を呼んでいる。