セレブレーション ワンテーブルコンサルに参加されたみなさんのご感想


NPO法人 美えな塾代表 片山やよいさん

ワンテーブルセッションを受けたのには、今やっている事業のうまくいってないところに目がいってしまって、焦燥感ばかりで、とにかく問題点を知りたい!という思いで入りました。

見えてきたのは私の中の負けたくない!勝ちたい!どうしても勝ち負けにこだわるために、負けたらどうしよう、という恐れや不安の中にしかいないという今でした。

私のテーマ「キー」は「負けさせてください」でした。

その言葉はなんとなく不思議に、私の中の焦燥感を薄くしてくれました。
負ける?別にいいんじゃないかな〜もう負けてるし。っていう現実も目の前に現れ、笑うしかないっていうか・・・

そんな感じでした。

そのあと、本当に少しづつですが、焦燥感、というものが、、気づいたら、、
今は全くないかも?しれません。

私には私にしかできないこと。を少しづつですが、見れるようになってきたのかな?と思います。

このテーブルセッションは、6名という少人数で、人それぞれにテーマがありながら、もう他人事ではないテーマばかりで、状況や気持ちを共有したり、逆に、新たな見方で発見があったり。

なにより、ダメな自分をそのままここで出していい。
と思えたのは宝でした。

問題点をちゃんと見ることができれば、問題解決に近づくと思っているのですが、一人ではその問題点を薄々気づいていながらも、見ない。ということをしてしまいます。

そのためにこの人数でセッションができたことはとてもよかったな〜と思っています!

ありがとうございました!


主婦F・Kさん

テーブルセッションに参加しました。

私は、やりたいことに向けて努力してきて、資格や環境が整ってきたのに、なかなか動けないことが悩みでした。

そして、人間関係を深め、仕事でもプライベートでも人生を今まで以上に楽しみ、味わいつくしたいと思っていました。

私を含め合計6名が参加しましたが、おもしろいことに、自分と同じテーブルの並び席に座った3名は仕事の悩み、向かい側に座った3名が家庭の悩みでした。

しかも、悩みがとても似ていて、各自がもらったアドバイスが、まるで自分に言われているように感じました。

テーブルセッションで、これまでは、なかなか行動できなかったけれど、まずはやる!と決めて宣言したら、何とその翌日、ここ5年以上前に知り合った方が、突然、私の自宅の室内の模様替えを申し出てくれました。

実は、新しく仕事をスタートするために、仕事部屋を整理しなければいけないなぁとぼんやり考えていたところでした。

もちろん、その方は、私が仕事部屋が狭くて困っていることはご存じなかったので、とても不思議でした。

そして、これまで使っていた寝室と仕事部屋を入れ替えるということになり、今までちょっと狭かった仕事部屋が広く使いやすくなり、すぐにでもお仕事ができるように整いました。

決めることの大切さ、決めたら、動いていくことの不思議さと有り難さを体験して驚きました。

また、各自がもらったキーワードで、私は、「できないことで、攻撃している」と言われて、最初は何を攻撃しているのかわかりませんでしたが、後から、「できないことで、私は、自分が自分自身を攻撃していること」に気づきました。

テーブルセッションは、6名と少人数で、同席した皆さんと共通の悩みがあったり、他の方の答えの中に、ちょうど自分が知りたかった答えがあったりして、濃く、深い学びがありました。

 



サロン present 運営ようこさん

6名でのテーブルセッション。
人前で自分のことを話すことや自分が話題の中心になることが苦手なので、正直、参加前は少し気の重い部分がありました。

ところが、いざスタートすると自分と同じテーマの人や今まで無意識に見過ごしてきたテーマを聞かせてもらっていることを知ります。

ああ、だから6人で受けるんだー

今のタイミングで、この6人なんだー

一対一のセッションでは決して起こらない大きな気づきでした。
その日、テーブルセッションで私のために伝えてくれたキーワードは思わぬものでした。

えっ?

それって自分の中ではクリアになっているはず???

と、はてなマークを抱えながらしばらくはもやもやと過ごします。
が、ある時、ドカーン!ピカーン!と気づくのです!
テーマとふぅちゃんのキーワードが、まるでマジンガーZのように合体したのです!!

そこなのかい〜〜!!!

恐るべし! ふぅちゃん!!
やっぱり、すごいぞ! ふぅちゃん!!

テーブルセッション終了の1ヶ月後、参加した6人で話す機会を持ちました。
ひとりひとり、1ヶ月間、もらったキーワードから見えてくる気づきの数々を受け入れ、感じ、味わった結果を伝え合いました。

その中にも多くの気づきがありましたがそれ以上に、全員が吹っ切れたように軽やかに変化したのを感じました。

そして、誰一人例外なく最後は「感謝」で溢れていました。
今、在る自分や周りの人や状況に対して理不尽に思えていたことや、悩み苦しんでいたことが感謝へと変わっていくー

いつものへそ道の学びの場も同じです。
最後はここに落ち着きます。
それだけ、常日頃、感謝を忘れてしまうのですねー

それを何度も繰り返し、そこへと戻るのがへそ道で、それを日々自分でできるようになると、感謝と喜びと優しさで溢れる毎日が待っているのだど思います。

目の前の人の状況や気づきは、今の私にすべて必要なこと。
6人でのテーブルセッションを通じて強く深く感じることができました。

あの時間に感謝!!

みんなありがとう(^.^)

 



教員K・Sさん

テーブルセッションに参加させて頂きありがとうございました。

それぞれのテーマを持ち寄ってワークをしたのですが、みんなのテーマが自分の中にもあることに気がつきました。いいタイミングで聴かせていただくことができました。

私は家族との関わりを通して自分と向き合うことができました。よかれと思ってやっていたこと、どう思われるか気にしていたこと、蓋をしていた思いがふつふつと沸き上がってきたのです。もう一度自分のみたまに出逢って育てていきたいと思いました。

セッションの後のふーちゃんのフォローは宝物です。そんな場を作ってくれた参加者のみなさんにも感謝いたします。ありがとうございました。

 

 



会社員 Y・Oさん

入江富美子さんのワンテーブルセッションでの ワタシのテーマは、
不細工なのがイヤ
内容的には 自分の外見がイヤ
旦那さんのお腹が引っ込まない
服のセンスが哀しい
などなど
ひとりひとりが発表して、その都度、ふーちゃんからキーワードをもらう形式でした。
もちろん、へその話が中心で、まさにへそセミナーでした。
他の5人のテーマやキーワードも毎回毎回、心にヒットするので、結局全員分が自分のテーマで お得なセッションでしたw
ふーちゃんにワタシは 4つのキーをもらい その後、3週間後に参加者で集まりました。
この練り会でも、他の5人の気付きに自分のことのように納得^_^
その結果をふーちゃんにそれぞれメッセンジャーで報告
また後日、ふーちゃんから音声でそれぞれにフィードバックがあるということ。
すごいセッションです。